人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
頑張れ!桑田「お金で買えないものがある」 12月19日
 甲子園を沸かせた名投手。一番に想像するのは、まあ今年のハンカチ王子ももちろんながら、やはり桑田投手と松坂投手。桑田のまるで弓の様にしなる腕から投げられる球が印象深い。ハンカチ王子の投球を見ていると、桑田を彷彿させる。一方、苫小牧の田中投手の力強いピッチングは、まさに松坂投手を彷彿させる。この二人が今後の日本プロ野球を引っ張ることは、改めて言うまでもないだろう。

 桑田投手が大リーグへ挑戦する。投げたい。投げ続けたい。これが野球選手の本音なのだ。昔は理解出来なかった。そこまで頂点を極めた選手がなぜ、現役に拘るのか? 新庄の様にかっこよく辞めるのが美学であった。サッカーのカズや桑田、工藤選手。もう辞めてもと思ったものだ。しかし私も40を過ぎて、なぜか彼らの気持ちが理解出来る。そして彼らを応援している。うまく説明が出来ないんだけれど。オヤジになってからボロボロになりながら限界に挑戦する姿が「かっこいい」んだ。ボロボロになっても、一年でも多く、ユニホームを着ていて欲しいと心から願っている。

 阪神タイガースを愛して育った私からすれば、桑田投手は敵であった。しかし今は違う。桑田投手を心から応援している。多分、彼はマイナーでもいいのであろう。投げられる場所があるのなら、野球が出来るのであれば、どこでも本当はいいのであろう。マウンドにいる時が一番幸せなのであろう。それが草野球であったとしても。

 甲子園の、そして日本球界を代表する2人の投手がアメリカのマウンドに立とうとしている。私はなぜか桑田投手の方が気になる。なぜか、「かっこいい」んだ。時間があれば彼を応援しに行きたい。そして大きな声で声援を送りたい気分なんだ。

 桑田ロード。桑田が故障中に、グランドの外野を毎日、毎日ランニングをして、その後がグランドに残っている。それを桑田ロードと呼ぶ。彼のその直向きな心が続く限り大丈夫だ。三浦雄一郎氏は70歳でエベレストの山頂に立ち、父の敬三さんは99歳にして、モンブランを滑走した。ロジャー・クレメンツはまだ投げています。

 なんか書いている私も元気が出てきた。やる気が出てきたぞ。頑張るぞ。やるぞ。まだまだ若い奴に負けてはいられない。私の歳はITの年なんだ。USEN宇野社長。GMO熊谷社長、マネックス証券松本大社長、アプリックス郡山社長、IMJ樫野社長、等。私と同じ1963年生まれは、実は上場IT経営者が多いんです。

 まだまだ、30台に負けてられまへんでーーーー。おっさん扱いすんなよーーーーー。今日も、飲むでーーーーーー。(なんでやねん!)

 桑田投手の気持ちで頑張ります。お金で買えないものの為に。

 山村幸広

【関連リンク】
  • エキサイト検索(ニュース検索) > “桑田”
  • エキサイトニュース > スポーツ
  • by yamamura2004 | 2006-12-19 16:21
    << 上司と部下 12月26日 六本木 「龍吟」 サプライズ・... >>


    by yamamura2004
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    以前の記事
    最新のトラックバック
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧