山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
タグ:サービス ( 5 ) タグの人気記事
「しょこたんブログ」 エキサイトブログでスタート 1月22日 
 素晴らしいですねえ。ブログの女王、「しょこたん」こと中川翔子さんのブログがエキサイトでスタート致しました。


 中川翔子オフィシャルファンコミュニティサイト

『しょこ☆らんど』をオープン!


~しょこたんプロデュースによる、オリジナルコンテンツが盛りだくさん!
会員限定で、映像配信やオンラインプリント販売、ブログパーツなどを提供します~

~「しょこたん☆ブログ」も『エキサイトブログ』に登場!~

『しょこ☆らんど』 URL:http://shokoland.excite.co.jp/ (PCサイト)
『しょこたん☆ブログ』 URL:http://blog.excite.co.jp/shokotan/


という感じで、エキサイトは今後、ブログのみならず中川翔子さんの魅力を伝えていきます。ファンのみならず今後の活動が楽しみな、中川翔子さんのオフィシャルファンコミニティサイト「しょこ☆らんど」を是非是非宜しく御願い致します!!!!

 山村幸広

【関連リンク】
  • しょこ☆らんど(PCサイト)
  • しょこたん☆ブログ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2008-01-22 15:22
    苗場プリンス エキサイトブロードバンドステーション 2008年1月7日 
     明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

    a0000002_1922428.jpg 年末に一泊で苗場にいく。東京駅から1時間半の新幹線、バスで苗場まで40分と乗り継ぎ、11時前には苗場に到着。早速、スキーウエアに着替えてゲレンデへいく。

     苗場といえば超混雑のイメージがあるが、ほとんどのゴンドラも、リフトも待ち時間なしでスイスイ。山頂近くまでゴンドラであがり、2000メートルを滑走する爽快さ。素晴らしいスキー場である。苗場プリンスホテルは1000室の大型ホテルであるが、満室状態。ホテルのレストランは混雑しているが、まあ正月ならしかたがない。

     翌日も夕方まで滑って、足はヘロヘロ。。。昔とったなんとかで、まあまあ感覚は思い出されるが、足がついていかない。気分はウェーデルン、実態はばたばたパラレル滑走である。まあ、しかし楽しい。一泊でよかった。二泊だと、足が持たないかもしれない。

     ふりしきる雪なのだが、なんだか、気分がよくなる。雪山はストレスをも吹き飛ばしてくれるようだ。寒さもまあ、ご愛嬌程度。全然問題ありません。

     さて苗場プリンスホテル内で、無料で大人気のコーナーがある。それがエキサイトブロードバンドステーションである。完全無料で高速インターネットが使い放題。苗場プリンスホテルさんも、エキサイトも太っ腹!!完全無料提供なのである。本館の4号館と3号館の間ぐらいにあるエキサイトブロードバンドステーション。苗場にいったら是非、御利用下さい。

     越後湯沢駅の屋台のお店の充実ぶりは、日本の駅でも有数だろう。「かに汁」「そば」「たこ焼き」「ぶたまん」「焼き鳥」「やき豚」「やきいも」「たい焼き」などなど。どれを食べていいかわからない。端から買いまくって新幹線へ。ビールの缶をプシュっとあけて、焼き鳥をほうばる。あーーーー、きてよかった。

     あなたも是非、苗場へでかけよう。そこの誰かに声をかけてみよう、「私をスキーに連れて行って!!」(古いなあーーーー。)

     山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイトブロードバンドカフェ
  • Mt.Naeba
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2008-01-07 19:24
    天才作家 浅倉卓弥 「OLD FRIENDS」 エキサイト独占配信中 12月6日
     この作家を推理小説作家という紹介にとどめてはいけない。もっと高尚な作家である。

     「10年に一人の天才。」この言葉を贈れる日本の作家がいるとすれば、この浅倉卓弥氏であろう。日本文学の美しさ、それは表現のつつましさと、正しい文章である。樋口一葉、三島由紀夫、川端康成。。。美しい文章。正しい日本語表現。これが生粋の日本文学の条件である。

     それを受け継いだ平成の天才作家といえばこの浅倉さんであろう。たったの一ページでも読めば高貴な文章の雰囲気、韻が伝わってくる。 そしてその完璧な日本語の元に流れる文章に引き込まれそして浅倉ワールドに酔いしれる。

     「SEX」と「暴力」を扱わずに発行部数をこれほどとれる作家が他に何人いるであろうか?文章力と展開力で読者を世界に引き込める作家が日本にどれだけいるのであろうか?多分、10年後のある日、夏目漱石や樋口一葉のようにこの浅倉卓弥が日本のお札の顔になっていると予言する。

     その天才作家と宝島社様の新しい取り組みで、このエキサイトを選んで頂き、なんと最新作をエキサイト独占で毎日、書き下ろして掲載して頂くというなんとも光栄な取り組みをやらせて頂いている。素晴らしい。

     本日で既に七話目となっております。それも、「無料」です。そしてなんと、ユーザー登録も必要ありません。浅倉先生、太っ腹!!宝島社さん、太っ腹!!エキサイトも太っ腹!!という事で、エキサイト10周年の特別プレゼントでございます。皆さんも今すぐアクセスして、浅倉ワールドを毎日お楽しみ下さい。

     山村幸広

     P.S. ありがとうございます。12月19日にエキサイトはサービス開始10周年を迎えます。ここまでこれたのは皆様のお陰です。私の気持ちは、http://www.excite.co.jp/10th/greeting/で読んで頂ければと思います。来年の11月までの一年間、色々な特別企画をご提供してまいります。また、色々な10周年に関する企画、アイデアがございましたら、是非ご提案下さい。宜しくお願い申し上げます。

    【関連リンク】
  • ベストセラー作家「浅倉卓弥」氏によるオールド・フレンズ ~Old Friends~
  • エキサイト10周年特集
  • エキサイト検索 > 浅倉卓弥
  • excite.ブックス > 書籍検索 > 浅倉卓弥
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-12-06 13:13
    エキサイト×スカイプ 11月16日
    a0000002_15574345.jpg いい提携ができた。昨日はこのサービスの記者発表会をスカイプ社との合同で開催しました。エキサイトは1999年ごろからエキサイトパルというコミュニケーションツールを提供していた。それは人気が高いサービスで、当時、一年で一日に50万人が利用する人気サービスとなっていた。

     しかしながらエキサイトの親会社が2002年に倒産した際、コストがかかるサービスという事で、このサービスを泣く泣くやめた。それからもユーザーから、コミュニケーションツールを利用したい意向は強く、検討していた。そして昨日、世界で一番のサービスを展開するスカイプとの提携にいたったのである。

     スカイプは全世界で2億4000万人が利用する、世界一のコミュニケーションツールを提供する会社である。同時接続が1000万人という驚異的な人気サービスである。今後、エキサイトでは、エキサイト×スカイプというクライアントツールを無料で提供する。

     スカイプを利用すれば、何処でも、誰でも、世界中でメッセージの交換、マイクを使った音声会話、専用のカメラを利用すれば映像付の会話を無料で利用する事ができる。素晴らしいサービスなのである。エキサイト×スカイプをダウンロードすればユーザーは世界の2億4000万人のユーザーとコミュニケーションができるのである。また、格安の料金で世界中の固定電話や携帯電話に電話をする事もできる。

     エキサイトでは色々なサービスにこのスカイプを連携させていく予定である。例えば、最近好評の電話占いサービスをスカイプ対応にすれば音声だけでなく映像を通じてコミュニケーションがとれるのである。またユーザーが、スカイプを通じて、課金サービスを行う事ができる。

     例えば、レシピのブログを立ち上げているユーザーが、「この料理の作り方を、1分=100円で教えます。」というサービスを個人が行う事ができる!!そしてスカイプが課金を代行してくれるのである。もちろんエキサイトはこのスカイプをエキサイトブログに対応していきます。

     是非、皆さんもエキサイト×スカイプをダウンロードして利用してください。宜しくお願いします!!!

     よい週末を。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • Excite & Skype
  • excite.電話占い
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-11-16 16:01
    新しいサービスへ 「バッターボックスに立て!」 11月6日
     「サービスを作り上げる。」このために皆は努力をしている。新しいサービスを作り上げて、一日に500万人のユーザーが訪れるエキサイトにUP(社内では、サービスをスタートさせることを、サイトにUPするといいます。)する。

     サービスの評価は上司や、私がするのではない。サービスの評価はユーザーがする。いいサービスはユーザーに支持され、そうでないサービスは見向きもされない。非常にクリアな評価システムである。いい技術がはやるとは限らない。まあ技術的にはなんてことないサービスでも受け入れられればそれはいいサービスということなのである。

     最近、ヒットしているサービスはほとんど、技術的にアドバンテージがあるものではない。ということは、参入障壁が低いわけなので、すぐに飽きられたり、後発にぬかれる。自分自身が参入障壁の少ないところへ参入している訳であるから、敵の参入障壁も低いという事になる。

     ワクワクして初日を迎える。しかしほとんどのサービスはヒットしない。受け入れられないのである。確率的には、受け入れられるサービスの確立はきわめて低いのである。しかしここからがスタートである。受け入れられなかったら、「見切り千両!」。見切って、止めて、次へいく。見切れば、千両儲かるという意味なんだ。三振した原因を考えているうちに、次のバッターボックスの事を考えるんだ。「打てなかった。しかし次は打つ!」この気持ちで次のバッターボックスに立つわけである。世界一のイチローだって、4割バッター。ようは10回中の6回はアウトになるんだよ。10回中、3回ヒットを打てば素晴らしいバッターなんだ。7回のアウトを会社は責めない。

     サービスの企画書を見るとき、「このサービスでいくら儲かる?」なんて考えるより、「やられたらいくら損するか?」と考える。ようは挽回できる範囲で次に次にと挑戦するという事だ。インターネットのビジネスで、「社運をかけたビジネス」をしてはいけない。だって確率的にはアウトになる確立のが高いんだから。

     バッターボックスに皆が立ち続けて欲しい。4回たって、3回、三振して、最後にホームラン打った人は、三回の三振なんて関係なくヒーローなんだ。一番困るのは、見逃し三振だ。獲物が目の前を走っているのに、家の中にいる奴は失格だ。獲物が走っていれば、追いかけて、追いかけて、必ず捕まえるんだ。このビジネスは農耕民族ではだめだ。狩猟民族でないと。

     ヒットしたサービスは会社をかえる。一つのヒットが会社を変えてしまうんだ。参入障壁の低さ=誰にもチャンスがあるってことだ。大切なのは、バッターボックスに立ち続けることなんだ。立たないと絶対にヒットは打てないから。馬券は買わないと絶対にあたらないんだ。

     この商売をやっていて、どこどこに負けたなんて思ったことはない。だって、負けたって誰も言っていないでしょ。ギブアップするまで、やめるまでは、負けじゃないんだ。

     俺はやめないよ、勝つまでは。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • excite.プレスリリース
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-11-06 13:02


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧