山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ロックの伝道師 立川直樹「父から子へ伝えるロック名100」 10月29日
 私たちはロック世代である。音楽は洋楽で育っている。ロックは青春であり、簡単に言えば、ウイスキーとロックと映画。こづかいの使い道といえば、映画にLPレコード。そして酒はウイスキーである。これが私のDNAを育て上げた要素なのである。

 父に初めて、わがままを言って買ってもらったのが、当時で言う、ステレオ、オーディオシステムである。ヤマハのスピーカー、パイオニアのプレーヤー、ONKYOのアンプは私の唯一の自慢であった。

 そしてそこから流れてくる音楽に酔って、感動していたんだ。生まれて初めて買ったシングルレコードは、バグルスの「ラジオスターの悲劇」であった。今でもこの曲が好きだ。

 ロックの素晴らしさを伝えきるのは難しい。日本でそれを正確に伝える事ができるのは、ロックの伝道師、立川直樹氏である。

 立川さんのブログに彼が次の世代に伝えたいロックミュージックを正確にしかもわかりやすく解説して、そしてこの本の紹介をされている。是非、是非、読んでみてロックのよさ、素晴らしさそして青春を回顧して頂きたい。

 素晴らしい音楽と、素晴らしい映画、そして素晴らしい本は人間力をはぐくむ。そして人の人生をも変える力を持つ。この本を開いて、そしてロックの世界へどうぞ。

 山村幸広

【関連リンク】
  • エキサイト検索 > バグルス ラジオスターの悲劇
  • excite.music
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-29 19:57
    ゆず ライブ 10周年感謝祭 10月25日
     ゆずのコンサートを見る為に、横浜アリーナへ。会場はもちろん超満員。横浜でストリートライブをやっていたゆずの本拠地でのコンサートである。

     ライブは何時の日も楽しい。やはりそのアーティストの魅力を感じ取れるのはライブであろう。またライブは実力もわかる。欠点も隠せないのがライブである。ようはライブにいけばそのアーティストのファンになるかならないか判断できる。ゆずは多分、会場にきた人を一人残らずファンにしていって、常に会場を満員にするアーティストになっていったのであろう。

     よく観客と一体になってのライブという言葉の表現がされるが、それはまさにゆずのコンサートを表現する為の言葉であろう。3時間半に及ぶライブは全くたいくつさせることなく、そしていやみなく、しつこくなく、笑いと涙と感動の世界を作り上げる。

     ゆずという歌い手を越えたアーティストが繰り広げる世界感はどことなく安心感があり、ほわんとした雰囲気を醸しだす。また映像やCGそして色々な仕掛けをきめ細やかに演出されている。素晴らしい。

     そしてなにより10年間で作り上げられた存在感とファンとの信頼感が感じられる。打てば響くファン。これはゆずのファンが素晴らしいのであるがそのファン層を築き上げたゆずが素晴らしいのであろう。

     エキサイトも今年で10周年。ゆずのような存在に私たちはなれたのでしょうか?ユーザーとの信頼感。エキサイトの今年のテーマです。12月から色々なイベントでもって仕掛けられるエキサイトの10周年も是非、ご期待下さい。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • ゆず オフィシャルサイト
  • excite.ケータイ > ゆずmobile
  • excite.music > インタビュー ゆず
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-25 11:17
    長崎ちゃんぽん 10月19日
    a0000002_19525626.jpg 久しぶりに長崎に降り立つ。宮崎ブームで人が少ないかと思いきや、飛行機は行きも帰りも満席、すし詰め。修学旅行生もたくさん来ていた。

     長崎で何を食べるか?所謂、卓袱料理にするか、壱岐の甘い雲丹を食べに鮨にするか?または、大人のお子様ランチのトルコライスか??ここは長崎ちゃんぽんに決めて、中華街へ。ここは奮発して一番高い、具だくさんのちゃんぽんを頂く。

     長崎の人は各家庭で、ちゃんぽんを食べていたそうだ。どこのちゃんぽんが一番旨いか?長崎の人、十人にきくと、ほとんどの人が、口を揃えて、リンガーハットと答える。

     でもさー、東京にあるのにと思うとなんかね。でも餃子もとても美味しいらしい。味は現地に合わせて違うそうだ。

     長崎は優しい、おっとりした人が多い感じがいいところですよね。

     ホテルはルークホテル。眺めがよく、部屋も広々。いいですよね。九州。ゴルフはパサージュ琴海。今回のゴルフのスコアは?今週は聞かないで下さい。かなり、かなり久しぶりにハーフ55以上たたきました。。。。。。まあ、こんな日もあるさ。悪いものを全部出したのさ。。。。
    そっとしておいて下さい。

    山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > 卓袱料理
  • エキサイト検索 > 長崎ちゃんぽん リンガーハット
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-19 19:47
    滋賀県 彦根 彦根銘菓「埋れ木」(うもれぎ) 10月16日
    a0000002_1448493.jpg 滋賀県でおいしいものは一体なんでしょう。「なれ寿司」「もろこ」「鮎」。そう考えると琵琶湖の魚しか思いつかない。しかしながら、滋賀県には、京都の料理人が一度は必ず、食べにいく料亭、「招福楼」がある。京都で人気の料理屋の「桜田」「桜川」を含め、有名どころはこちらの「招福楼」の出身者が多い。京料理の美味しい店が滋賀県の料亭の出身者というのがとても面白い。

     久しぶりに、「米原駅」に降り立つ。ここにくるのは、やはり招福楼にお伺いして以来となる。今回は会合があって、招福楼へはいけない。。。残念。彦根城を眺める。彦根城は、開城400周年という事で大賑わいである。日本で、お城として国宝に認定されているのは、この彦根城を含めて、四城しかない。ちなみに、彦根城、松本城、姫路城、犬山城である。

     元々、この地は石田三成が治めていた。そのころには佐和城という城があったのだが、敗れた三成の佐和城は、跡形もなく、板の一本も残さずに、佐和山から撤去されたそうである。

     近江商人。これは滋賀県をベースにしながら、全国へ商売を展開していった商人の事をそう呼ぶ。伊藤忠商事の創始者の伊藤忠兵衛氏もその代表である。そしてこの方の記念館があり、見学にいく。

     翌日のゴルフコンペは、ベアーズバウゴルフクラブ。ジャック・ニクラウス設計で今、滋賀県でもっとも人気がある来場者の多いゴルフ場である。私が好きな滋賀県のゴルフ場は、距離たっぷりの日野、蒲生、ジャパンエースとこのゴルフ場である。

     距離はないのであるが、グリーンが速くててこずる。午前中は、42だったが、午後は、スタートがダボ、トリプルで46と乱れる。まーーこんなもんだよな。午前中は、パーが続いた後、ショートコースでトリプルボギーを叩いた。あーーあ、と気落ちをする私に、キャディさんが笑顔で「まだまだ始まったばかりですよ。挽回できますよ。」この一言がきいた。次のパー5で、奇跡的な25メートルのパットが入ってバーディ!これで立ち直った。キャディさんの一言がなかったら、多分、100ぐらいのスコアで終わっていたのではないだろうか?ゴルフは本当に気持ちのスポーツである。(しかしながらゴルフってスポーツなのかなあ?私のオステオパシーの先生は、「ゴルフはスポーツじゃないでしょ?だって最中に飯くったり酒のんだりするスポーツがありますか?といわれて反論できなかった。」)

     ハンデがハマって、準優勝!!今年はついてますねえ。嬉しい。。。。二回のトリプルが両方ともハンデホールでした。

     購入した、NIKEのスクエアドライバー(ディアマナシャフト)は確かに方向性がいいんだと思う。距離がでるという印象はないんですが、このドライバーを使って、5回くらいやっているがまだ、ティーショットのOBがない。特に右への曲がりが抑えられているように思う。

     地元の方に頂いた、お土産のお菓子、「埋れ木」。家で食べたのだが、本当に美味しいお菓子である。お茶菓子として続いた伝統だと思うが、コーヒーにもあいそうな感じですねえ。彦根のお土産はもうこれしかないという感じです。

     美しい緑と遠くに見える鈴鹿山系。水豊かな琵琶湖。滋賀県もいいところですよね。これからは京都にいく方が多い時期。たまには滋賀県もいいですよ。京都駅から米原まで新幹線で、20分ほどです。

    山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > 彦根城
  • エキサイト検索 > 彦根銘菓 埋れ木
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-16 14:47
    あーーー、「喜楽(きらく)」もやしらーめん 10月10日
     今日は、久しぶりに渋谷にいくので、昼は「きらく」のもやしらーめんと決めていた。「きらく」で、もやしらーめんと決めて、時間を逆算する。あそこは待つ場合がある。だから3:00のアポだから2:30には入ったほうがいいだろう。よって青山を2:00すぎには出発しよう。2:30には道玄坂につくことができる。そうすると午前中の会議を、昼には終わらせなければいけない。

     今日はスムーズだった。すべて予定通り、タクシーを降りて、ストリップ劇場の横をワクワクしながら駆け上がる。もう口の中はあの美味しいコガシネギがきいたスープが広がっている。お、今日は並んでいないようだ。ラッキー。この店は2:00を過ぎてもいつも一杯である。

     愕然とした。定休日だった。。。。。。。なんという事だ。私の青春は終わった。この衝撃をどのように吸収すればいいのであろう。何年ぶりに食べられたであろうもやしらーめんはまた手の届かないところへいってしまった。

     何を食べればいいのであろう。ラーメンにはラーメンだろうか?ここ道玄坂はらーめん屋には困らない。しかし「きらく」の味で固まった舌をかえられない。ここは全くちがう料理にしよう。色々、探すがピンとこない。讃岐うどん、カレー、タイ料理、とんかつ等々。

     結局、悩んだあげく、「回転すし」に入ってみた。14:00からのタイムサービス、「大トロ」120円に釣られてしまった。。。。。「大とろ」「いか」「こはだ」「ねぎとろ巻き」「あぶりサーモン」。ここでお腹が一杯。

     「お茶下さい!!!」

     「目の前にありますよ。」

     「お茶ぐらいいれてくれよ。」

     「セルフサービスなので自分でお願いします。」

     隣のおばちゃんがだまって入れてくれた。。。。。。。

     「勘定!!!!」

     「600円です。」

     「安い!!!!!!!」

     そりゃ、お茶ぐらい自分でいれないとだわな。

     お店の定休日を覚えるのは大変である。パターンとしては、日曜日営業のフレンチなどは、月曜日。土日の店は大概、水曜日か木曜日。

     あそうだ。今日は水曜日だ。
     ちきしょーーー!!!!!!!!!

     15:00の会議が始まる。最後におもわず、

     「来月、また確認の為に、この会議をやりましょう。」

     いいか、飛田くん、絶対に水曜日ははずして日程調整しろよな!! これは命令だ。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • excite.ism > 極上ラーメン店図鑑
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-10 17:58
    「正論」 10月5日
     「私は会社の為を思ってやりました。」「会社の為に。。。」こうゆう正論と共に色々な事を主張する社員は結構多い。個人的にはこの「正論」はあまりすきではない。「正論」というのは議論を拒んでいるのではないかという気になる。

     「議論」のルールは答えを空っぽにして行うものである。答えを変えるつもりがない、答えは最初から決まっている。こんな人と議論をするのは無駄である。議論はその上で、答えを決めるものなのである。

     「会社の為に」という正論は、議論を続けられない。逆説的に言わせてもらえれば、会社の為にはならないという行動をとろうとする人がいるのであろうか?誰もが会社によかれと思ってやっているはずである。その中で、「会社の為に」という正論はむなしい響きに聞こえる。このセリフをいう人は、ある意味頑固でかつ議論を違う方向へまげてしまう。うがった見方をすれば、いや私の統計的に言えば、本当に会社の事を思っていない人がよくこのセリフをはく傾向にあるように思える。

     企業には色々な考えの人がいて、色々な方向でものを見て考えている。そのような考えをリスペクトしていかないと、いい答えはでてこない。もちろん自分の信念を押し通す強い信念と執念も必要なのだが、そうであっても、その信念を相手にちゃんと伝えなくてはならないし、伝える義務がある。これがアカウンタビリティなのである。

     このアカウンタビリティは、上位役職者にいけばいくほど、求められるものである。なぜなら決定権限が大きいからである。決定できる人ほど、アカウンタビリティの義務が大きく求められている。決定する理由を述べる義務があるのだ。これをもし、「会社の為なんだ。」という正論の一言で、説明されたらどうであろうか?しらけるよね。それはある意味、「お国の為に死んでくれ。」という言葉に近い。それでは会社は機能しない。

     そうゆう意味では、正論は、正論であって議論に用いる論理ではない。この「正論」が多い人は、実は会社では要注意人物です。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > アカウンタビリティ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-05 17:59
    トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ 10月3日
     会社の近くにこんないいイタリアンがあるなんて知らなかった。高森さん、教えて頂いてありがとうございました。また、ほぼ5年間、お付き合いを頂きましてありがとうございました。新しい部門でのご活躍を心よりお祈り致しております。

     いいイタリアンとは??私の良いというイタリアンは肩のこらない店である。大人数で色々な前菜を沢山味わい、その後、パスタを数皿頼んで皆で食べる。この時点でもうスプマンテからワインへ移っていて、しかもカブ飲み。

     そしてメインは、まあ食べてもよいし、食べなくても良い。ある程度許される範囲でのバカ騒ぎ、美味しい料理、手ごろでバンバン開けても大丈夫な値段でかつ美味しいワイン。別にブルネイロ・モンタルチーノである必要はない。その雰囲気やミネラル感はフレンチワインにまかせておこう。そして最後にはエスプレッソ。イタリアでは、カプチーノは朝の飲み物。夜はエスプレッソと決まっているそうである。そして勘定は一人、10000円以内。お腹も満腹、そして、酔っ払い。こんな店がイタリアンの良い店なのである。もちろん「ASO」のように極めれば、たまに貯金箱をわって、きどっていけばいいのであるが、毎日そうも、いかないっす。

     最近、コース料理を前面に出して、まあはっきり言えば、かっこだけつけているイタリアンが多すぎる。そんな店はこの店の味と品揃えと料金体系を見習うべきであろう。イタリアンにトリュフなどの高級食材を求める必要はない。ワインも大味でもおいしいのがあるはずだ。スーパーとはまだ呼ばれていない美味しいトスカーナも紹介すべきであろう。ようは、楽しいメンバーと楽しく、気軽に、美味しく食べのみできる。それが私のイタリアンなのである。

     その条件にほぼ当てはまっているのがこの名前がとんでもなく長いイタリアンレストランなのである。 サンタマルタが閉店した今、目黒でイタリアンと言えばこの店なのであろう。老舗料理の「ドマーニ」そして新鋭のこの「ランテルナ・マジカ」であろう。

     前菜の種類がとても豊富。色々な種類から選べるし、盛り合わせもおうじてくれる。パスタは王道のメニューが続き王道の味。ワインのコストパフォーマンスも良い。普段イタリアの家庭で飲まれているようなワインなのであろうが、イタリアンはこれでいいのだ。フレンチなら一口、ゴクっとやるところを、ここでは、ゴク、ゴクっとやろう。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、「ASO」の料理で飲めばよい。

     何時行っても、満員御礼。予約をしなければいけないのが、苦しいところだが、流行る理由もわかりますよね。これがイタリアンである。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • ウーマン・エキサイト > レストラン検索
  • エキサイト検索 > ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-03 21:00
    NTT東日本 Bフレッツ400万回線達成!! 10月1日 
    a0000002_18173861.jpg インターネットが水道や電気のように当たり前のように家庭にきている。電話のように、ジャックに線を差し込めば、各家庭に10Mの帯域が確保されたインターネットの世界が広がっている。もちろん電話も使えるし、TVにつなげば映画だってみられる。家庭内はワイヤレスで各部屋からインターネットへ。これが近い将来のインターネットインフラの姿。

     夢でもなんでもない。現実にこの世界は近い世界である。これを実現するのが、インターネット回線の最終形である、NTT Bフレッツ網である。エキサイトが提供する、インターネット接続サービスのBB.exciteはそのBフレッツ網でサービスを展開している。

     BB.exciteは光接続ISP料金月額500円という、全国最安値をサービス開始から続けており、一切、値上げを一回もしておりません。回線のクオリティも、IIJのバックボーンをそのまま使わせてもらっているので、これはもう業界でも最高のクオリティ。そして最安値。BB.exciteを選択しないと損でっせ。

     BB.exciteは、Bフレッツしかサービスを提供しておりません。よってそれだけ、Bフレッツ上でのサービスに特化しております。ようするに、Bフレッツのユーザーは、最安値で、かつ、業界最高品質のIIJさんが提供するバックボーンを利用するBB.exciteを利用しないと損でっせ。何度もいいまっせ。

     東日本エリアにて8月8日に400万回線を突破!!東西合わせての1000万回線も、あと一年もかからないであろう。写真のゴルフボールは、400万回線達成の記念ボールでやんす。

     そして先日、Bフレッツ杯ゴルフコンペが開催。場所は名門、成田ゴルフ倶楽部。いいゴルフ場です。そして、なんと、恥ずかしながら優勝させて頂きました!!!嬉しい。。。。。これは春から縁起がいい。でなくて、これは秋から縁起がいい。これは下期スタートから縁起がいいってやつですよね。帰りの成田から上野行きのスカイライナーは楽しい電車でした。チューハイが旨い!!!!!。。。プラス柿の種。

     BB.exciteはこれからも業界最安値の接続料金と、最高品質のクオリティをIIJさんと一緒に、Bフレッツを提供してまいります。

      山村幸広

    【関連リンク】
  • BB.excite
  • 成田ゴルフ倶楽部
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-10-01 18:18


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧