山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
プリン体とビールと酒 また痛風の話ですいません。 4月27日
 痛風にはビールはよくない。これはいわゆる定説であるが、ではどれくらい悪いのか?ビールの含むプリン体が1とすれば、日本酒が0.2、ワインが0.05、焼酎が0.01程度といわれている。なんでもビールのブランドによっても大きく違っていて、A社とB社のビールに含まれるプリン体は、2倍も違うというデータを秘書がみつけた。また、とある地ビールはその倍もあった!ようは同じビールとはいえ、ブランドによって4倍もプリン体の量が違うのである!!ようは、B社のビールは2杯飲んでもかまわないということだ!!??プリン体を含む量が一番少ないビールというコピーでいけば結構売れるのではないだろうか?ブランド名はいえないが、どうも味が濃く、深みのあるビールにプリン体の量が多いものがあるようだ。

 プリン体だけで単純に計算してみれば、ビールを一杯飲むのなら、焼酎は100杯飲んでもいいと言える。計算上ではそうだが、そうではないそうだ。アルコールを飲んで肝臓を使うと、プリン体は発生されるそうなので、焼酎はプリン体がないのであるが、含まれるアルコールは体内でプリン体に変わると思わなければならない。どれくらいのアルコール分解でどれくらいのプリン体が発生するかは調べた限りデータがない。誰か知っている方がいらっしゃれば教えていただきたい。ここで覚えておかなければいけないのは、体内でプリン体が作られる事実である。これを知っておかねばならない。そして、ストレスなども大きく影響する。

 そしてプリン体の結晶を固まらないようにする為に、尿をアルカリに保つのがいいそうである。尿酸はアルカリに溶けやすいらしく、アルカリの尿は結晶を溶かすそうである。ようは尿をアルカリに保つと発作が起こりにくいと言えるのだ。

 ようするに口からとるプリン体をコントロールして、体内で発生するプリン体を、運動やストレスコントロール、酒の量を減らして押さえる。そして尿をアルカリにして結晶を溶かすというこの3つをコントロールしなければ、痛風の発作は抑えられないということである。ビールとあんきもを止めたからといって発作は抑えられないのである。

 今回、インターネットの凄さをあらためて感じた。ここにあるデータは全てインターネットで探したものである。大病院のお医者さんもこんな事は言ってくれない。例えば、私が3週間以上も痛風の痛みで悩んでいたら、医者は「発作がそんなに長く続く事はない。」と言って、いろんな検査を始めようとした。しかしインターネットで調べたら私と同じように長期間、痛みで苦しむ人が多数いた事がわかったのである。医者が知らないことをインターネットユーザーが教えてくれているのである。そうだよね、実際に苦しんでいる人の方が良く知っているんですよ。インターネットはやはり凄いなあ。

 山村幸広

【関連リンク】
  • エキサイト検索 > プリン体
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-04-27 19:55
    「フラガール」 日本映画最高傑作 4月25日
     レンタルショップへ行って、待ちに待った「フラガール」を借りる。アカデミー賞までを獲得した映画なのに、他の邦画に比べて、おいてある本数がとても少ない。よってずーっとレンタル中だったのである。お店に聞いてみると、発注本数を決めるのは6カ月前ほどらしくこれほど話題が大きくなるとは思わなかったそうである。

     本当に、なんというか心が温まる。また、気持ちよく泣ける映画。本当に素晴らしい映画だと思う。私の中での日本映画の最高傑作は、「Shall we ダンス?」であるが、このフラガールは、ほぼ同じ順位にランクインした。よって私の中での邦画最高傑作なのである。

     数ある大作、そして有名監督の作品、大金を制作費に投入した作品を抑えて、このほとんど無名の若手監督が、高い俳優を使わず、高い制作費を投入せずに作り、そしてアカデミー賞を受賞したところに大きな意味がある。

     ある映画監督が、けなすように、「炭鉱がダメになって、それを女性がフラダンスを踊って街を再興したという簡単なもんではないんだろ?と思って見にいったらその通りだった。」というコメントを残していたのがショックだった。

     記憶に感動が残る映画というのはストーリーが単純でも、いい役者さんがいい演技をして監督がちゃんととればできる。素晴らしい映画とはそんなもんなんではないだろうか?例えば、ストーリー。いわゆる脚本が素晴らしい米国のTVドラマは、確かに面白いし次の展開にドキドキさせられる。しかしシーンの一つ一つが感動を生んだりしないのではないだろうか?それが証拠に素晴らしい映画は何年たっても感動のシーンがよみがえるが、この手のドラマのシーンがよみがえることはない。どころか、もうストーリーも忘れてしまっている。素晴らしい映画はシーンもそしてセリフも、役者さんも表情ですら覚えているもんである。それはやはり素晴らしい監督が、役者さんやカメラのパフォーマンスを極限に引き出して撮っていく。そして素晴らしい映画となるのである。制作費や、宣伝費ではない。もちろんこの若い監督に息吹とチャンスを与えた製作指揮の、李鳳宇さん。「月はどっちにでている」という素晴らしい映画を指揮に世に送り出している。

     フラガールに出演していた、もちろん現在の女優で最も輝いていて、本当に演技が素晴らしい蒼井優さん。いやー、最高です。そして富司純子さんの演技も素晴らしかった。彼女がリアカーを引いてストーブを集めるシーンは誰もが感動の涙を流したであろう。そして豊川悦司さんの演技も素晴らしかった。正直、今まではなんとも思わなかったのですがこの映画から、この男優さんのファンになりました。

     こうゆう素晴らしい映画をもっと見たいもんである。もしご覧になっていない方は是非、是非のお勧めです。私は最後の40分ぐらいは泣きっぱなしでした。

     GWにいかがでしょう。週末までに借りにいけばあるのでは?

      山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > 李鳳宇
  • エキサイトシネマ > フラガール
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-04-25 19:37
    扁桃腺・禁酒・痛風・減量 最終報告 4月13日 
     2月下旬から始まった色々な苦しみがようやく終わろうとしている。いやーーー、辛かったなあ。という事で最終報告いたします。

     扁桃腺 

     もともと、扁桃腺を大きく腫らしている私であるが、今回は本当にひどかった。そして長かった。痛かった。苦しかった。

     扁桃腺ぐらいと思われる方がほとんどだと思います。しかしながら一つの病気と考えるとこれほど苦しい病気はありません。喉の中はまたこぶができてしまい、多分このこぶは一生とれないのでしょう。元々あった左側のこぶに今回できた右側のこぶ。口の中は、いまだに大変な状況である事にはかわりはない。

     しかしながら切除という選択をしないのであれば、これと一生付き合っていくわけで、ようするに悪くならないように、腫れないように生きていくしかない。よって普段から、うがい、消毒をしながら注意して対応するしかない。

     痛風

     ほぼ一ヶ月になろうとしている。足の親指の付け根の腫れは現在まだ残っており、いまだに完全に回復していない。普通の発作は一週間ほどで回復するので今回のこれは一体なんなのであろうか?インターネットで調べていくと、「慢性痛風炎」などというのもあるようで、ずっと痛みがきえなかったり、骨が変形したりという関節炎の症状が続くらしい。

     先週から靴も入るようになり、足全体の腫れはほとんど引いてきて、本当に少しずつではあるが回復しているので、最終的には完治することを祈りたい。関節に残っている、痛風の結晶を削り取るという手術もあるそうであるが、なんとかそんな事にならないようにしていきたい。

     痛風は完治しない。しかし食べ物、ストレス、酒、運動、体重をコントロールする事で発作の回数をできる限り押さえていくことはできるはずである。よって、よく「ビールはやめる」とか、「あんきも」はダメだという話しになるが、「あんきも」を全くやめても発作は起きるし、ビールを断っても起きるはずである。その5つの要素のうちの一つなのである。たまたま今回、体重が5キロ落ちていてまあ、2キロぐらいはもどるとしても3キロ減でキープできればいいだろうし、後は酒の量と運動をうまくやれば押さえ込めると信じている。ストレスは、まあ、しかたないか。

     禁酒

     案外、大丈夫だなんていっていたが、やはり禁酒は辛いもんだ。やはり適量と休肝日をもちながらであれば酒はやめる必要はないし、これからももちろん飲んでいく。ようは「適量」を守るということなのである。そして今年から、一週間の禁酒をやっていこうと思っている。

     禁酒が明けてほぼ二週間になってやっとビールやウイスキーが美味しく感じられるようになってきた。舌が慣れてきたということなのであろう。適量を守って酒とも一生付き合っていきたい。

     最後の晩餐は、「シャトー・ディケム」と決めている。ようは最後の前の夜まで、酒を美味しく飲める体を保たなければならない。チューブにつながれた体では「シャトー・ディケム」を美味しく味わうことはできないはずだ。美味しく酒を飲むためには、健全な体と精神が必要なのである。

     減量

     別に減量を目指したわけではないがおもわぬ贈り物が体重減であった。まあ5キロの減をこえた時には、「他の悪い病気なのか?」と少し心配もした。「酒」と「関節炎(痛風)による体重減少」と原因を決めつけていたが、先日、体重計にのったら1キロ戻っていて、ようやく下げ止まったようである。脂肪だけではなく、筋肉そして体力も落ちている。最近は気にせずに、油もの、卵、スイーツ等を摂取していたので、またそれらを気をつける食事に戻していこうと考えている。それによって現在の68キロをキープできれば非常にうれしい。

     という事で、まあ色々ありましたが、回復報告でございます。皆様には色々とご心配をおかけいたしました。元気になりましたので、もちろん「仕事」そして酒、グルメにまた打ち込んでまいります。これからも宜しくお願いしやす。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > シャトー・ディケム
  • ウーマン・エキサイト >グルメ・レシピ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-04-13 13:19
    立川直樹氏編集 東京アートパトロールブログスタート 4月11日
     日本にロックを浸透させた男。アートとよばれる分野、例えば、音楽、映画、絵画、歌舞伎等々の全てに精通している男。それは私の知る限り、立川直樹氏である。この人の編集するブログがスタートした。これを無料で読むことができるという事はなんとラッキーな事であろうかと思う。はっきり言って非常に中身の濃い内容である事は間違いない。

     いやーーー、はっきりいって凄い人なんです。またかっこいい、オヤジなんです。これが。うすっぺらい今流行りのなんとかオヤジではなく、知識も振舞いもかっこいい本当のかっこいいオヤジなんです。(すいません、先生。失礼いたしました。)

     エキサイトブログは大人の読み物を充実させております。長友啓典氏吉村作治氏水野晴郎氏椎名誠氏糟谷銑司氏小川隆夫氏高須光聖氏といった文化人、知識人のブログを無料で楽しめるのはエキサイトブログです。「アートの香り。」「大人の香り。」「東京の香り。」これを感じて頂ける公式ブロガーの方々をご紹介していきたいと思っております。

     エキサイトミュージックの公式ブロガーは音楽関係では間違いなく日本一のラインアップですし、ウーマンエキサイト公式ブロガーも旅行にグルメに充実しております。

     いやーーー、立川さん口説くのに1年以上かかったなあ。またまた、大物を口説いてきますので是非、ご期待ください。

     山村幸広

    PS 手抜き更新ですよね。すんまへん。金曜日に更新いたしやす。

    【関連リンク】
  • エキサイト検索 > 立川直樹
  • エキサイトブログ > TOKYO ART PATROL
  • エキサイトミュージック
  • ウーマン・エキサイト
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-04-11 16:58
    新年度・入社式 久しぶりのビールは苦かった。。。全面リニューアル。 4月1日
     今日から新しい年。私の新入社員へのブログは、その1その2があるのでそれを参照してください。

    会社は新入社員に色々なコミットメントがある。

    1  貢献する社員の雇用とそれに応じた報酬
    2  チャレンジする社員の為のチャレンジするステージ
    3  社員のスキルの向上・キャリアパスのサポート
    4  夢と希望と企業成長
    5  能力を正しく発揮できる組織と勤務形態
    6  働く意義の正しい理解
    7  社会に貢献する意義の理解
    8  悩みや不安を相談できる窓口
    9  社会人としての道徳
    10 自己判断能力と組織運営能力

     これらのコミットメントが企業として果せないのであれば、新入社員を、というか社員を採用する資格はない。私のブログの新入社員への言葉その1,2は非常に厳しいものかもしれない。しかしながら雇用する企業側にもそれ以上の責任と厳しさをもっている。このお互いのコミットメントが正しくなければ、結局はどちらか、もしくは両者とも不幸な結果になる。それだけ、採用というのは責任の思い行為なのである。

     エキサイトの新入社員の採用倍率は非常に高いし、採用条件は非常に厳しい。筆記、学力、論文の上位者だけが面接に進むことができて、何度かの面接の上に決定される。しかし、例えば6年前に採用された新入社員は現在、ウーマン・エキサイトのマネージャー(女性)、経理財務部のマネージャー(女性)、広告営業のマネージャー(女性)とそれぞれの分野の第一線で活躍している。皆、将来の幹部候補である。今年の新入社員も5年後にはそれぞれの第一線で活躍しているのであろう。その姿を見るのが非常に楽しみである。

     我々のような中途採用が中心の会社にとって、新卒社員は非常に重要だ。彼らはエキサイトイズム要するにエキサイトの社風、文化を創っていくのである。彼らが、ザ・エキサイトになっていくのである。

    a0000002_1835598.jpg さて、話はかわるが、4月1日にめでたく酒を飲みました。最初はビールでした。汗もほどほどにかいてとても美味しいはずのビールの第一印象は「苦かった。」そのビールはサントリープレミアムモルツ。プレミアムモルツの深い美味しさを舌で感じるまで時間がかかった。やはり舌というのは「慣れ」があるんですね。その後の焼酎も「旨い!」とはいえず、どうも酒臭かった。鼻も舌のアルコールになれるまではまだまだ時間がかかるようだ。酒もリハビリが必要な状態である。

     さーーて、新年度。新入社員と一緒に、明治神宮で祈願。今年もやりまっせーー!皆さん、エキサイトの新しいトップページ、デザイナーズポータルを見て頂けましたでしょうか?エキサイトの新しい女性編集長の自信作です。きっと気にいって頂けると信じてます。

     トップページのリニューアルって実は結構大変なのです。まず、クライアント様から頂いている広告。年間、6ヵ月といった長期間の広告を頂いております。逆に言えば、クライアント様への説明も必要である。企画して、デザインを固めてから、リリースするのに数ヶ月かかる実はとても大きな作業です。ポイントはスリーグリッド。3つの縦の欄から構成されています。そしてマイページは好きなグリッドのコンテンツを自由にドラッグ&ドロップで貼り付けられるGUIです。海外ではいくつか例がありますが日本では初めてになります。

     これからも、エキサイトは革新的なポータルサイトを目指します。応援宜しくお願いいたします。

     山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト トップページ
  • 新入社員へ(その2)
  • 新入社員へ(その1)
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2007-04-02 18:45


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧