山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
赤坂「と村」 究極のゆで蟹 1月28日
a0000002_1336567.jpg
 この時期、和食屋さんを華やかにする食材がたくさんある。河豚とならんで主役は「蟹」。いわゆる日本海側であがる「ずわい蟹」である。山陰地方(多分京都から西)では、「松葉蟹」と呼ばれ、福井から東では「越前蟹」と呼ばれる場合が多い。これは、北海道や他の地方であがる「ずわい蟹」とは違うもんですよ、という自信の表れと同時に、例えば「関サバ」のようなブランド形成の為であろう。最近では「間人蟹(たいざがに)」が有名である。間人の船は小さく又、漁場が沖から30キロ程度と近いため、捕ってすぐ帰ってくる。その新鮮さが他の漁名とは違うという誇りがある。大間のまぐろのようなものである。漁師のこだわりと気持ちが味とブランドを形成している。

 まあともかく蟹といえば、「ずわい蟹」である。よく「たらば蟹」が蟹の王様と言われるが、それはいかがなもんかと個人的には思っている。多分、大きさで「たらば蟹」が評価されているのであろうが、味はやはり「ずわい蟹」である。あの身のジューシーな味わいと歯ざわりは、他には絶対にない。小生は北海道でもタラバはまず食べない。食べるとすれば、特大の「毛蟹」を選ぶ。

 しかしこの「ずわい蟹」、とにかく高い。なにせ浜値が2万5千円から3万円というから、東京のお店にくる時にはまあ6、7万円という事になるのであろう。「と村」のご主人も「蟹ははっきり言って儲けはありません。ほぼ仕入れ値で出しています。でもこの時期には、年に1回、この蟹を食べに来るお客さんもいるぐらいですのでやめる訳にはいかない。」と吠える。地元の方へ行けば、同じ蟹であるが、例えば、脚が1本取れているようなものを半値ぐらいで買う事ができるので、これが一番、賢い買い方であろう。

 さて蟹の食べ方であるが、これは間違いなく、茹で蟹が最高である。案外、生のものをゆでて食べるよりも、浜茹での方が身がうまい。蟹はあげるとすぐに身が痩せていくせいである。

 さて先日、「と村」さんが、「山村さん、三国でかなり有名な蟹屋へ行って食べてきました。本当に感動しました。」と言う。この辛口の親父が旨いと言う蟹とはなんぞや? 興味が深々わいてきた。「でも高かったですよ。店には蟹しか無いんです。本当に。5人で30万円でした。三国でですよ。」うーーん、それは貯金箱を割っても行かねばならぬ。なんとしてでも。と思っていたら、「それを食べますか?」という誘い。「へえ、できるのかい?」「ではお出ししましょう。」という事でわくわくしながら蟹を待った。

 出てきた蟹は一見なんの変わりもない。しかし、いつもなら身を切って食べやすく出されるのが京料理であるが、今日は脚を大胆にちぎっただけである。主人が言う。「山村さん、がぶっとかぶりついて下さい。」言われた通りかぶりつく。「う、旨いーーーーーーーーーーーーーーーーー。」「なんじゃこれは。味が違う。」何と言うか、芳醇な味わい。よく蟹味噌につけたりして食べるが、その必要が全くない。いつもなら蟹味噌と一緒に出す戸村名人も身しか出さない。(のちに出てきた蟹味噌が旨かったのはもう言うまでもないし書くまでもない。)
「なんですか? これは。」
「実は山村さん、茹で方にポイントがあるんですよ。実はこれを茹でているのはただの湯ではなく、蟹の出し汁なんですよ。この出し汁にこっぺ蟹なんかの出汁がでているんですが、その出汁で茹でているんです。でもこの出し汁は普通じゃ絶対に作れません。大量に蟹を扱えないとできません。」
「あんたにも、できないもんがあるのかい?」
「物理的にできないんですよ。」
「じゃあ、この出汁は?」
「それは内緒です。」
というこの蟹。食べながら身を吸うのである。するとこの汁と一緒に食べる蟹が、もう最高に旨いのである。あの小籠包のようなスープの旨みが、蟹を最高の状態に引き上げている。であるがゆえに切らずに出てきたのである。いやあーー、参りました。今年、最大の感動であった。これが食べられた事を神に感謝したい。

 そしてこの究極の、和食料理人の戸村一男氏の旨さへの探究心。この地位にありながら現状に満足しないこの男。まだまだ底が見えない。いま一番乗っている料理人である。

山村幸広

【関連リンク】
  • ガルボ「忘れられない口福の宿」
  • エキサイトカテゴリ > グルメ > ショッピング > えび・かに
  • エキサイトカテゴリ検索「蟹」
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-28 13:36
    小山薫堂 「一食入魂」 特別版限定一冊プレゼント 1月21日
    a0000002_2216183.jpg
     現在の食通の第一人者である小山さんがdancyuにて連載されていた「一食入魂」が本になって発売された。そういえば、この本の表紙のデザインを3種類ほど見せられて、「どれがいいと思います?」と昨年聞かれた事を覚えている。一食入魂には小生も、食仲間「Y氏」でなんどか登場させて頂いており、昨年は実名で、「題字」までかかせて頂いてしまった。一食入魂は、いわゆる食べ物を評論するのではなく、小山さんが感動したお店を紹介するという形で続いている人気の連載である。発売記念に特別インタビューをお願いして、その「おいしい仕事」をやってきた。場所は、日本一の牛肉のプロデユーサー、河村太郎氏の銀座「かわむら」である。小山薫堂氏が2004年にいった店でベスト1であると語ったもうすでに銀座を代表するステーキハウスである。

     小山さんとのお付合いはもう6年近くになる。特に仕事をご一緒する訳ではないが、なんとなくお互いに誘い合って年に3、4回、食事をご一緒させている。というかお互い、「これは旨い」と発見したお店を紹介して、「どうです? 旨いでしょ?」みたいな感じで喜んでいる。小山さんは、というか他の方は「小山先生」と呼んでおられるようであるが、いわゆる業界人的な気取りのない人である。そして時間を惜しんで人生を楽しむタイプである。小生の疑問は、彼はいつ寝ているのであろう? ということ。仕事が終わって、軽井沢の「エルミタージュタムラ」ヘ車を自分で運転して、食事をして東京へ深夜に帰ってくる、というようなことを、あれだけ仕事をこなしているに関わらずやってしまう人なのである。

     小山さんとは年も近く、お互い食べる事が大好き。そしてお互い利害関係がないということで、いつもくだらない話をしながら食べて飲むのがスタイル。これが楽しい今日この頃である。

     この本の中身については特別インタビューを読んで頂ければわかる。「一食入魂」と小生のブログとで一つ考え方に共通点があった。(小生のブログと比べることが失礼なのであるが。)それは、お店の批判をしない事である。

     さて、新春特別に小生のブログ読者の皆様だけに、素晴らしいプレゼント企画を実施します。この「一食入魂」の本に、小山さん自身が追加のコメントを直接書き込んだ、世の中に一冊しかない特別限定版を下記の要領で1名様にプレゼント致します。「これは。本当は美味しくなかった!」なんていう本音の特別書き込みなんかがあるかもしれません。もちろんサイン入りです。

     という事で小山さん、約束してしまいましたので宜しくお願い致します。そして皆様、抽選に外れたら是非、本屋で購入を宜しくお願い申し上げます。

    山村幸広

    応募条件、及び応募方法:
    プレゼント企画の受け付けは、終了を致しました。
    沢山のご応募(トラックバック)、誠にありがとうございました。
    ご当選された方には、エキサイトより別途ご連絡申し上げます。



    【関連リンク】
  • エキサイトブックス > 小山薫堂一食入魂インタビュー
  • エキサイトイズム「TOKYO美食五輪」
  • ガルボ「今宵、ヒロインになれるレストランへ。」
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-21 22:16
    駒沢公園 「Cafe 空」 1月18日
    a0000002_1145024.jpg
     東京は緑が多い。と言うと「何を言っているんだ」と思う人がほとんどであろうが、実は大きな公園が沢山あるので、それなりに緑を楽しむ事ができる。皇居、新宿御苑、代々木公園、自然教育園、有栖川公園、駒沢公園等々。なかなかのもんである。その中でも、学芸大学に住んでいたせいもあるが、駒沢公園には特に親しみがある。非常に大きな公園である。ウォーキングコースを1周歩けば、大体20分ぐらいある。中にはさすが「オリンピック公園」というだけあって、ほとんどの運動ファシリティが揃っているし、ドッグランもある。その地域の住民の方々にとってはまさに憩いの場という事であろう。

     オステオパシーの治療で学芸大学に通っているので、月に一度は駒沢公園へ行く。そして緑豊かな公園の中を散歩する。結構気持ちが良い。

     しかし駒沢公園へいくのはもう一つのお楽しみがある。それはこの駒沢公園近くの「Cafe 空」へ行くためである。Cafeといっても2テーブルしかなく、8人座れば一杯である。こちらの本業は、実はパン屋さん。全て無添加の国産小麦による、天然酵母のパン屋さんである。パンは全粒粉の天然酵母と決めている小生であるが、こちらでならば味も安全性も栄養分も満足いくパンを買う事ができる。

     しかしこちらのCafeが実は侮れない。なぜならこちらのカツサンドとピザが格別に旨いのである。まあ最初は、パン屋の片手間にやっているんだろうくらいの思いで、カツサンドとピザを注文してみた。しかし、これがまたどちらも旨い。カツサンドはトーストされたパンにキャベツと特製ソースの自然豚を揚げたサンド。シンプルなのであるが、パンも豚も揚げ加減もソースも絶妙に旨いのである。その旨さと、自然素材という安心感もあって、とても素晴らしい。ピザはなんといってもアンチョビのピザ。いま流行のナポリピザではなく、どちらかといえばオーソドックスな日本のCafeで進化したピザなのであるが、これがとても自然な味わいで美味しい。チーズ嫌いの小生も頂ける美味しさなのである。ピザにもカツサンドにも共通して言えることは、シンプルだが丁寧に作ってある。そして自然な風味と味わいがとても素晴らしい。もちろん売っているパンを買って、中で食べることもできる。どのパンを買っても美味しい。お店の雰囲気がとても爽やかで、やわらかくてほのぼのとした雰囲気が伝わってくる。よって作り手の人柄がわかる。従業員の方も、幸せそうなやさしそうな方々でとても気持ちが良い。自然素材をコミットされているので本当に作り手の顔が見えて安心して、しかも美味しく食べられるお店なのである。

     今後色々な雑誌でピザやカツサンドが特集されるとしても、その専門店ではないので取り上げられる事はないのであろうが、どの特集の中で取り上げられても、ヒケを取る事はないであろう。(しかしテーブルが2つしかないのであまり流行っても困るなあ。)

     口の中に入れるもの、体の中に入れるものをクラリファイしなければいけない時代になってきている。注意しなければならない。すべてそうであるが、生産者と作り手の顔とポリシーがクリアな商品が望まれている。もう数年すれば、そうでなければ東京では通じなくなるのではなかろうか? 安全の為にもそうであって欲しい。日本人は世界一、きれい好きである。清潔である。あれだけ毎日、風呂に入って体の外側をきれいにするのであるから、体の中に入るものにももっと真剣に気を配るべきだと思っている。

     あーー、また、思い出したらカツサンドが食べたくなってきた。あのサクサクした歯ざわりを想像すると、口の中によだれが溢れかえる。これからもこの素晴らしい商品を提供して頂きたい。安心と美味しさを届けて頂きたい。

    山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイト乗り換え案内 > 学芸大学駅の情報
  • ウーマンエキサイト > CAFE特集
  • ガルボ 新・TOKYOカフェライフ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-19 01:14
    ラスベガス 大人の遊園地 1月13日
    a0000002_15315028.jpg
     ラスベガスへ行ってきた。最初にラスベガスへ降り立ったのは1988年だったと思う。最初の米国訪問はNYであった。今もあの時の興奮を忘れた事はない。安い飛行機でSFOを乗り継いで、ニューアーク空港に降り立ったのは深夜の23:00。飛行機から見える摩天楼と橋を超えてマンハッタンに入った。興奮して一晩中、マンハッタンを歩き回った。当時はまだまだ危険な町であったが、幸いにも被害はなかった。ラスベガスには、NYとはまた違う興奮を呼び起こす魅力がある。ラスベガスの初日も同じような興奮状態に陥り、歩き回っていた。あれから15年以上経過してすでに10回程度、ラスベガスには行ったと思う。当時はベラッジオもニューヨーク・ニューヨークもエクスガリバーもなかった。年々、成長を続けている。年間10万人以上人口が増えていて、まだ4000室のホテルと2000室のホテルが建設中だそうで、更に1万人以上の雇用が見込まれているそうである。

     IT関係者にはCOMDEXがあったが、なんと今年からなくなってしまった。代わりにではないが先週、開催されていたCESSに統合されていて大賑わいであった。

     ラスベガス=カジノ。もちろんそうであるが、実はこの街はそれだけではない。日本人の大好きなショッピング、GOLFからグランドキャニオン等の自然。そして世界最高のショーの数々。あらゆる国の食事。素晴らしいホテルやプール。「海」というキーワード以外の愉しみは全て揃っている。ようするにカジノだけでなく、例えば、家族でも旅行しても楽しい場所なのである。まさに、この街は大人の遊園地なのである。この街に来ればワクワクするんでやんす。とりあえずなんか楽しいんです。ラスベガスでは、極力、寝ないで過ごす。よってラスベガスからの帰りの飛行機はいくらでも寝る事ができるのである。

     飛行機と言えば、感激したのはサウスウエスト航空。ラスベガス—ロス間をインターネットで予約したら、なんと39ドル。税金、諸経費をいれて49ドルであった。距離的に言えばほぼ東京—大阪間。5000円の値段で行けるということである。席は自由席。フライトアテンダンスは約200人乗りのボーイングに、20代の男女が2人。制服はベージュのコットンパンツに紺色のセーター。数々の工夫が積み重なって、厳しい全米の航空業界にあって躍進を果たしている。素晴らしい。本当に。

     ラスベガスのカジノ銀行にはもう既に、15年以上、ほぼ毎年であるが貯金している。いつか下ろす日が来ると信じているが、まだ下ろせていない。ちきしょーーー。もちろん今年も負けてしまった。なんか、今年は勝つような予感がしていたのであるが、また貯金してしまった。メガバックス(ラスベガス中のカジノのスロットマシーンがネットワークでつながっていて、全マシーンの掛け金がたまっていくスロットマシーン。)は980万ドルを示していた。今年の狙いはこのメガバックス。ルーレットにもバカラにも目をくれず、メガバックスにへばりついたが……結果はもちろん、ガチョーーーーン。負けた。来年こそは取り返してやる!! メガバックスを当てた人は、メガバックスの呪いで死ぬと言うジンクスもあるそうであるが(浅田次郎作「オー・マイ・ガアッ!」参照)、ぜひとも当ててみたいもんである。

     今年の宿泊先は、シーザーズパレス。日本人が非常に少ないホテルである。というか日本人をあまりターゲットとしていないのかも知れないので、JTBさんが言うにはツアー客が少ないそうである。もちろん部屋もファシリティも素晴らしいホテルである。がカジノでは負けてしまった。

     ラスベガスに行かれれば是非、旧ダウンタウンへ行って頂きたい。カジノもなんとなく勝てるような気がする。又、小金で遊べるはずである。そしてライトの有名なショーはなんと日本人が開発した青色ダイオードのお陰でLEDに変わっていた。

     GOLFはバリハイGC。ストリップのホテルからだと5分でついてしまう場所である。コースも整備状態も素晴らしい。美しい。そしてレストランが中々うまい。小生の経験でステーキサンドが旨いのは全米でここだけである。(KOBE BEEF STEAK SAND)。コースのPAR4はほとんど400ヤード以上で5つほどは450ヤード以上である。距離が出ない人はレギュラーティからどうぞ。とてもタフで楽しいGOLF場である。

     今年はロスの異常気象がラスベガスでも同じ。雪は降るわ、ずっと雨で寒い、寒い。これから行かれる方は冬の服装でどうぞ。こんな寒いラスベガスは初めてである。

     でも楽しい。負けても楽しい。毎年のラスベガスを楽しみにしている。
    来年はラスベガス銀行から貯金をおろしてやるぞっと。

    山村幸広

    【関連リンク】
  • エキサイトカテゴリ > 海外旅行 > ラスベガス
  • エキサイトトラベル > 海外旅行
  • エキサイトカテゴリ > ギャンブル > カジノ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-13 19:05
    「ダ・ヴィンチ・コード」 お前もか? 1月7日
     長く辛い飛行機の時間をいかに過ごすか? その昔、米国へ、はっきりいって「もう堪忍して。」というくらい出張していた頃、そう思っていた。つきに何度もいったり、それも1泊3日や2泊4日が殆んどだったのでもう時差ボケにもならずに帰国している。飛行機会社からみれば上客という事で喜ばれるのかもしれないが、こちらからすれば命をけずっているようなもので、特典といえばマイレージがたまるぐらいである。よく出張で貯めたマイレージは個人のものか? それとも会社のものかという議論があるが、命を削って会社の為にいっているのであるから、それぐらいは個人に還元してもいいのではないか?と小生は固く信じている。

     しかし最近は出張といっても中国と韓国がほとんど。ほとんど日帰り国内感覚である。長距離は年に数回。こうなればもう全然OKである。年間に20万マイルも飛んでいると休みの日にまで飛行機なんかに乗りたくないという事で、海外旅行もいかなくなってしまうもんである。

     最近は回数が減ったのもあり、飛行機も違う楽しみをもっている。まず、「ずっと寝ていていい。」「好きな本をずっと読める。」「普段、見ない映画が見れる。」中々いいではないか。好きに自分の時間を過ごすという意味で、飛行機の時間を楽しむと考えたところ、飛行機が苦痛ではなくなった。仕事もなんでもそうではないか。前向きに楽しむという思考切り替えによって、全てがうまくいくようだ。

     今回のハワイにも何冊かを買い込んで持っていったが、かなり面白い本にめぐり合えた。本はとても高くなっている。その対価の価値は個人の判断であるがこの20年ぐらいで一番、価格が上昇したのは本である。しかしこれぐらい面白い本だと本当に価値がある。もう皆さんもご承知の「ダ・ヴィンチ・コード」である。何を今更、お前もか?と聞こえてきそうだ。ハリポタ並みの世界的ヒット作品。もう皆さんは既に読み終わって、第一部作といわれる「天使と悪魔」も読み終え、次回の第3作目をお待ちの事であろう。

     何度も買いかけてやめた。へそ曲がりゆえ、どうもヒット作をさけてしまう傾向がある。その間に、好きな作家である、ネルソン・デミルスティーブン・キンググリシャムなどの本が出ていたり、ミスティック・リバーなどの面白い作品もあった故、中々、手がでなかった。又、待望のジェフリー・アーチャーの傑作、「運命の息子」などもあった。

     一気に読み終えた。はっきりいわせてもらう。「面白い!!!!!!!!!」「いやーーー面白い!!」なんでもっと早く読まなかったのだろうか? 全米で一年間TOPだったのもうなずける。難しい題材であるはずなのに、シドニー・シェルダンのような読みやすさ。それでいて内容がデミルのように厚い。深い。そしてグリシャムのようなインテリジェンス。そしてスティーブン・キングのような爽快さ。全てを兼ね備えた本が今までにあったであろうか? 間違いなく小生の2004年 NO.1である。

     はっきりと申し上げる。読まなければ後悔する。はずである。そして読んだあとはフランス、英国へ旅をしたくなるであろう。この本のお陰でパリの教会は、ヨン様の自宅並みの大賑わいである。

     もうすでに小生は、ラングトン教授の「天使と悪魔」を購入してしまった。今日の夜が待ち遠しい。夜長には本。そしてウイスキーである。

    至福の時間が待っている。

    山村幸広

    PS 小生はこの本の宣伝によって個人的に全く、利益を得る事がない事をここに宣言する。

    【関連カテゴリ】
  • エキサイトブックス
  • エキサイトブックス > ベストセラー本ゲーム化会議 第三回 『ダ・ヴィンチ・コード』をゲーム化する!
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-08 02:08
    「ハワイ・MY LIFE」 2005年1月4日
    a0000002_1921558.jpg
     今年の正月もハワイで過ごした。正月をハワイで過ごすようになって、記憶ではほぼ10年近くになる。確か行かなかった年は2000年の正月で、いわゆる「2000年問題」のお陰で、会社で正月を過ごした年だけである。いつもは大体、マウイ島かハワイ島で1週間ほど過ごして3日ぐらいオアフ島で過ごすのであるが、今年は上場などで予約が直前だったせいで、いつもの、お気に入りの各島のホテルがどこも満室。さてどうしたものかと考えた結果、ノースショアで過ごす事にした。

     NH1052便でワイキキに朝着く。AVISでレンタカーを借りてH1から99号線へ入って北へ向かう。車種はGMのSUV。SUVでも、フワフワとして乗り心地はアメ車ならではである。H2で行かなかったのには理由がある。王族が出産の場所として選んだ、ハワイで一番神聖な場所である「クーカニロコ」へ寄ってから行くためである。そこはほとんど人気のない場所であるが、車を降りれば特別な場所である事がわかる。特別な雰囲気、空気、風が流れる。いるだけで癒されて、パワーアップする感じなのである。なぜこの場所が選ばれたかがわかるような気がする。

     クーカニロコを過ぎてノースショアへ向かう。丁度、ワイキキの反対側。強い波でサーファーの夢の場所である。ホテルは1軒しかない、タートルベイ&リゾートホテル。古いホテルであるが2年ほど前に改装を済ましてあるので清潔感がある。ビーチはノース独特の色合いで素晴らしい。ゆったりとした時間の流れを感じる事ができる。ホテルのサービスは5スターの洗練されたサービスではないが、フレンドリーな心地よいサービスである。2つのゴルフ場、乗馬、テニスとなんでも来いで、自然派の方にはお勧めのホテルである。近くにはハワイでも全米でもNO.1のビーチが続く。

     近くにヘレイワという町があるだけの、本当の田舎といった感じが、なかなかである。いわゆるエビのジョバンニやマツモトシェーブアイス。そして最近、東京にも出店し、全米で一番美味しいと評価されたハンバーガー屋などがあるが、日本食がないと生きていけない小生にとってはどうも頂けない。日本食屋が1軒もない。なにを食べても食べた気がしない。どうもフルーツを頂く毎日が続いたが、まあたまにはいいであろう。旨いものは東京でも食べる事ができる。

     5日間ほど何もせずに過ごしてホテルをイヒラニリゾートへ移す。オアフで一番好きなホテルである。もう10回ほど滞在しているのでほぼ毎年来ているような感じ。オアフで離島の雰囲気を味わいたい人に向いている。なかなかの日本食屋もある。それよりも全体の空気の流れに落ち着きがある。ハレクラニのような完璧なサービスはないが、時間の流れを止める事ができるホテルである。

     1月のハワイは基本的には雨季であって少しスコールがある事が多いが、どうもここ2、3年は様子が変わってきている。ここにも異常気象は発生している。3年連続、正月は1日中の大雨である。去年は3か日、雨が続いた。以前にも書いたが、雨がほとんど降らないコナも1日中降ったりする。正月のハワイを考えなければいけないのかも知れない。もしくは比較的、天候が安定している地域を選ぶ必要があるであろう。オアフは雨を覚悟しなければならない状況であると言える。

     それとGOLFであるが、どうも日本人は、「ハワイ=ゴルフ」の方程式を持ちすぎなのではないだろうか? そんなにGOLFばかりであればハワイよりいい場所が世界中にあるはずである。雨が降っていて、こんな日に誰もGOLFをしないだろうなとコースを見れば、日本人がプレーしている。日中の倒れそうな暑さの中、コースを見れば日本人。もちろん、北海道の方で、日本では冬場はプレーができないんだという方々ならわかるのだが。もう少し、日本でできない事を、日常考えにくい事をして過ごされたらいかがが? 私も長くいたが今回、GOLFは夕方にハーフプレーを楽しんだだけであった。ハワイでは朝起きて、ゆっくりと気持ちのいい風の中で、ラナイ(ベランダ)で朝食をとりながら、過ごす。そしてその日の天候や気分で予定を決める。もちろん、予定なんかなくても良い。1日、ラナイでカクテルでも飲みながら、本を読んでもいいのである。(小生のお気に入りの椅子の写真であるが、イヒラニのラナイの椅子である。ここで時間を過ごすのが大好きである。)それが高いホテルで過ごす意味なのである。何もしない1日がなんと贅沢な事であるか? そして例えば、朝早く起きて歩いてみたり、夜の時間に誰もいないプールで泳いでみたりする。こういう日常的でない時間を過ごすのがハワイである。

    小生のハワイの過ごし方 10の鉄則

     1 時計をしない。
     2 髭をそらない。
     3 目覚まし時計をセットしない。
     4 テレビをつけない。
     5 インターネットに接続しない。
     6 経済書を読まない。
     7 朝食に時間をかける。
     8 予定をたてない。
     9 夜更かしをしない。
    10 ゆったりと呼吸する。

     いかがであろうか? 休みを過ごすのである。休暇の過ごし方はビジネスマンのスキルの一つでもある。特に我々のようにメディアは、人々を感動させる仕事は自分の人間力を仕事以外で上げなければならないのである。その為に休みが大切である。休めない人は仕事ができないのである。(20代は休まなくても良い。365日仕事を考える。)ハワイへの旅行代はスーツと一緒。小生にとって必要な経費である。

     使った分を又、稼げばいいさ。その為に英気を養い、仕事を休まない健全な心と体力をキープするのである。

    ハワイは人生の一部である。

    山村幸広

    P.S. あけましておめでとうございます。本年もなんとか頑張って更新してまいる所存です。皆様のご声援、宜しく、宜しくお願い申し上げる。

    【関連リンク】
  • エキサイトイズム「ハワイ、その神秘なる素顔」
  • エキサイトカテゴリ > 海外旅行 > ハワイ
  • エキサイトトラベル > 海外旅行
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-01-04 19:02


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧