山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
2006年 05月 02日 ( 1 )
デイープインパクト その2 5月2日
 間違いなく、今までの競馬人生の中で見た馬で最強である。10月25日の小生のブログも是非、見ていただきたい。いやーーーー、あの勝ち方は一体なんなんだ。まずはスタート。普通の馬であれば結構、致命的な出遅れである。出遅れに距離は関係ない。3200Mであっても出遅れた不利は大きい。しかし天才、武豊はもしかしてわざと出遅れたかもしれない。後ろからいい位置で、折り合いをつけたかったのかもしれない。ポンと飛び出て、菊花賞のような展開が怖かったのか?

 しかしながらあの3コーナーの坂。武豊は完全に抑えにかかっていた。あの馬は自分で動いた。自分で自分にGOサインをだしていた。そして抑えようとする武豊を無視するかのようにスピードをあげていく。もう四角では先頭に踊り出る。普通の馬ならば必ずといっていいほどかわされる展開である。しかし上がりは自分でつくった33秒台。すごすぎる。あと200Mあったとしてリンカーンにかわされる事はなかったであろう。リンカーンもいい馬なのに。生きた時代が悪かった。もしかしたら見たことはないシンボリルドルフはこんな馬だったのであろうか?

 もう国内に敵はないだろう。多分1600Mでも勝つだろう (1200Mはちょっと出遅れが心配)。1600M以上で敵はない。海外で勝負できるはずである。武豊も海外のG1は未勝利である。あの名馬スペシャルウイークで彼はダービーをとった。今度はこのディープインパクトで海外を制してほしい。可能である。軽い馬場で勝負してほしい。

 後はケガだけである。怖いのはケガである。あの走りである。競走馬にはケガがつきものである。しかし馬のケガはケガで終わらない。生命につながる。馬は3本足で立って生きていくことができない。もちろん寝転んで生きていくこともできない。「3本足で立てない」イコール「死」なのである。

 この馬がケガなく引退することを心から願う。そしてこの馬の仔が見たい。この馬がどの牝馬と交配するか? 考えただけでもわくわくする。いやいや、まだまだみせてもらわなければならないドラマが多数ある。その一つが海外であるのは間違いない。
 
 この週末には久しぶりに府中に出かけてみよう。

山村幸広

【関連リンク】
エキサイトカテゴリ「競馬」
[PR]
by yamamura2004 | 2006-05-02 20:24


by yamamura2004
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
最新のトラックバック
「Audi MUSIC ..
from 時の運と人の縁を極める日々の記録
玉の湯
from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
Cocco 激ヤセ リス..
from Cocco 変わり果てた姿 ..
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
井上和香キャバクラ時代は..
from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
井上和香キャバクラ時代は..
from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
今あるものを有効に活かす知恵
from ショートショートの日常☆く-..
映画の日に『おくりびと』
from あるiBook G4ユーザに..
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧