山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
2005年 03月 16日 ( 1 )
箱根は「神の山」 神山 3月15日
a0000002_1101599.jpg
 週末は大好きな箱根へ。夏の箱根は包まれるような安心感があり、冬の箱根は荘厳な力強い空気を感じられる。以前のブログにも書かせて頂いたが、箱根は東京の人にとって宝物である。温泉もそうなのだが、ハワイのように独特のヒーリングスポットであると思われる。箱根の山々の気高い風景と澄んだ空気は確実に人々を癒してくれる。夏は避暑地として、冬は温泉を目当てに週末はいつも大賑わいである。

 渋滞がなければ都内港区から箱根湯元まで車で、厚木経由にて1時間10分ほどで到着できる。そこから奥(仙石原、強羅)まで30分ほどである。小生のお気に入りは大涌谷、仙石原、強羅のあたりである。この場合は大体、東名高速で御殿場まで突っ走って向かう。

 箱根には無数の温泉旅館がある。大きな宿は湯元に集中している。ホテルは大体、小田急系か西武系。そしていわゆる温泉旅館がある。代表格はやはり神奈川御三家の一角である「強羅花壇」。ここは特に女性の人気を集める。ちなみに小生が言う御三家の残り2つは、「海柘榴」「蓬莱」である。箱根で強羅花壇に次ぐとすれば、「桜庵」「沙羅亭」「武蔵野本館」あたりであろうか。しかしこれは旅館の条件(以前にも書かせて頂いた。)の個人のそれぞれの基準によって変わってくるので、あくまでも小生の主観である。

 しかし箱根には、ほとんどメディアに露出しない隠れ家的な宿もたくさんある。今回、お世話になった「いちい亭」さんも多分、その一つであろう。大箱根カントリーのクラブハウスから歩いて1分の立地。ここに泊まって大箱根でゴルフとあれば、ゆったりとした朝を迎えられる。5つの客室と古代檜の2つの温泉。料理もなかなか箱根ではめずらしく季節感があり、器のセンスのよい会席料理。特に八寸のバランスとセンスがよい。また、お椀の味が旨い。=ダシが旨いわけであるから全体の料理が安定している。そして宿の調度品の全てにセンスを感じることができる。であって、目が飛び出るほどは高くない。最近の箱根あたりは料金が常に上がっている感があるが、料金にも落ち着きがある。朝食はアルフレックスの棚に、かわいいカップが並ぶリビングのテーブルで頂く。湯葉豆腐が体にするりと入っていく。食後のコーヒーもカップのセンスがよい。

 ゆっくりと寝て、美味しい朝食。完璧なコンディション? と思いきや、どうも体が重い。そんなに飲みすぎた覚えはないが……九州から送ってもらった、宮崎の「甕雫」を飲みすぎたか? 重い体を引きずって、車で2、3分の「箱根カントリークラブ」へ。ゆったりとしたフェアウエイ。バックからは7000ヤードたっぷりの中々のコースを楽しめる。夏の土日は予約が取れない人気コースである。天気は晴れであったが、耐えがたい強風。すさまじい。パットの際にボールが動いてしまうほどの強風である。しかも寒いーーーーー。どうも今年に入ってのゴルフは、ラスベガス、沖縄、箱根と、風と雨に祟られている。チキショーー。案の定、第一打はチョロから始まる。トホホ。パットがまともに打てない。ショットの際に目をあけていられないほどの風。これほどの風の中でのゴルフは初体験であった。スコアは久しぶりに100を超えていた。パーは4つとっただけ。これではスコアはまとまりまへんなあ。まあこんな日もあるさ。このコースは木にセパレートされていないコース故、どうしても風の影響を受けやすいのだろう。前回も風に悩んだ記憶がある。なんやかんや言いながらもスルーで18ホールを完走。いやーー、本当に疲れました。風でのゴルフは倍、疲れが出るでやんす。

 写真はコースから撮りました箱根の山々。先がとがった山は「神山」という。正に神の山である。その横のくぼみが大涌谷。写真からしてその神秘性が感じられませんか? 写真じゃわからないですよね。是非、お出かけ下さい。箱根は行くと楽しい、癒しの場所です。

 風呂を上がるとどうも体がつらい。これはどうも疲れだけじゃない。うう、お腹が痛い。下痢だ。吐き気が止まらない。熱を測ってみた。38.5度だ!!!! また風邪引いてしもうたーーーーーーーーー!!!!!!!! 普段は風邪など引かんのに、今年は2回も引いてしもうた。気合が入っていない証拠である。(歳かなあーーー。前回のブログでディスカウントショップのことを「デスカウントショップ」って書いて、読者から、「オヤジ!」と指摘されたしなあ。)よって土曜日、日曜日は何も食べずにひたすら寝る。お陰さまで本日、ほぼ回復を果たし、固形食を口に致しました。(まだまだ、回復力があるぞ。若いぞ。)
みなさまも、無理と深酒と睡眠不足(24【トウエンティフォー】のせいだ。)には是非注意してください。

 と、どたばたあっても、箱根は宝である。

山村幸広

P.S.あまりにおいしかったので、以前ご紹介した「野田岩」名物の「志ら焼」の写真を掲載させて頂く。半分は塩で頂き、半分はわさび醤油で頂く。旨い!!!!!!

【関連リンク】
  • ガルボ「最新ジャパニーズ・スパリゾート」
  • エキサイトトラベル > 国内旅行
  • エキサイトカテゴリ > スポーツとアウトドア > ゴルフ
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2005-03-16 01:10


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧